糖尿病の初期症状


糖尿病の初期症状というのは、ダイエットなどは一切行っていないにも関わらず痩せてきた、ということです。
これまでと同じように生活をしているにも関わらず、何故か体重が減少してしまう、というのはよくあると思います。

 

重い場合に関していえばガンを発症している可能性もあるのですが、同時に喉が乾いたり、トイレに行く回数が増えたような場合には糖尿病を発症している可能性が高いといえます。

 

喉の乾きに関しては、結構酷いことが多いようですが、普段から水を意識して多く飲むようにしている場合には糖尿病の症状に気付きにくいといえます。
そして、水を飲むことで当然尿の量も増えるようになります。

 

しかし、体内の老廃物を無くしているようにもみえる尿なのですが、喉の乾きによって水分を摂取しているから、ということが言えます。
とはいっても、糖尿病の場合には、喉が乾いて尿が多く出るために水分不足を感じてさらに水分を多く摂取するようになります。
これでは悪循環に陥ってしまいます。

 

このように糖尿病には明確な初期症状がありますので、そのことをしっかりと頭に入れておくことで、より効率よく糖尿病の治療を早い段階で行うことができるようになります。
そのことを是非覚えておいてくださいね。

 

血糖値測定器の本体セット無料キャンペーンについて詳しく知りたい

 

糖尿病の自覚症状は?

 

糖尿病の自覚症状というのはどのようなものがあるのでしょうか。
初期段階においては自覚症状は具体的には現れていません。

 

糖尿病の自覚症状としてよく言われるものというのは、のどの乾き、身体の倦怠感、痩せる、といったものですが、これらの症状というのは普段の生活において頻繁に現れます。
糖尿病の人は食べても食べても痩せていくといわれています。

 

少し疲れているけど…歳のせいかな…
そのように安易に考えてしまう方も多いようですが、これが糖尿病の自覚症状だとは思いもしない、ということが少なくないのです。

 

また、たまたま測定をした血糖値が正常なのであれば、糖尿病を一切疑うことはないでしょう。
しかし、糖尿病の初期症状、自覚症状というのはこのように些細なものですので、小さな異変が起きている場合には糖尿病の可能性を疑ってみるというのも良いでしょう。

 

このような自覚症状が起きている場合には、生活習慣や食生活を改善するだけでも糖尿病の進行を防ぐことができます。
なによりも大切なことは、糖尿病の自覚症状に気付くことができるのかどうか、ということです。
そのことをしっかりと覚えておいてください。

 

糖尿病は発症原因も、予防法も、自覚症状に気付くことができるかどうかが重要なんですよ。

 

糖尿病の自覚症状に気付く

 

糖尿病に限ったことではなく、病気というのは発症してもその自覚症状に気付くことができないもの、というのはたくさんあります。
しかし、大半のものは進行してくると自覚症状がはっきりと出るようになります。

 

糖尿病の場合には、昏睡状態になって病院に運ばれるまで糖尿病を発症している、ということにすら気づかないことも少なくないようです。
さらに糖尿病によって引き起こされる合併症の治療に病院に行って、そこで初めて糖尿病を発症している、ということに気付く方多いのです。

 

糖尿病の自覚症状ですが、基本的には発症が分かってから考えてみれば「そういえばあの時から身体がおかしかった」と気付くことも多いようです。
例えば、異常に疲れやすくなったり、手足に軽いしびれを感じたり、といったことです。

 

ただし、このような症状というのは、普段の生活の中で比較的多く感じるものです。
まさかこういった症状が糖尿病の初期症状だとは大半の方が思いません。

 

そして気がつかないうちに少しずつ症状は進行していって、最終的には日常生活にたくさんの支障が出る糖尿病を本格的に発症するようになるのです。
やはり、少しでも違和感があるような場合には、できるだけ早く病院で検査を受けるようにしてみましょう。

 

糖尿病の症状と高血圧

 

糖尿病と高血圧というのは非常に密接に関係しています。
糖尿病を発症している方の半数はこの高血圧の症状を引き起こしていると言われています。
これは血糖値と非常に深く関係しています。

 

血糖値が高い状態であれば、体内における細胞の浸透圧が上昇し、水分が細胞外へとにじみ出るようになります。
体内の水分が多くなれば腎臓が水分の吸収をフル回転で行うようになり、体液、血液の量が増加するようになります。

 

結果的に血液の流れが早くなって血圧は高くなり、高血圧症状を発症するようになります。
また、糖尿病で高血圧の方というのは肥満である方が大半です。
血圧を上昇させる原因が多くなるということも指摘されているのです。

 

糖尿病による高血圧を改善するには、まずは肥満解消、そして食生活を見なおして運動をしっかりと続けることが重要になります。
特に塩分の摂り過ぎ、味の濃いものを制限する、といったことが第一になります。

 

塩分は体内に入った時には血管を収縮させてしまうことになります。
その結果血圧を上昇させますので、塩分の過剰摂取には十分に注意をしておくようにしましょう。

 

糖尿病で悩んでいる方の食生活としてはカリウムを意識して摂取するようにしましょう。
そうすれば体内の塩分を体外へ効率よく排出することができるようになります。