糖尿病予防に適していること


糖尿病というのは非常に多くの方が発症している病気です。
この糖尿病というのは、予備軍も含めると2000万人以上にも達すると考えられているのです。

 

40歳以上の方であれば3人に1人が糖尿病を発症している、もしくは予備軍に属しているといえるのです。
この糖尿病というのは初期の頃は自覚症状があまりありません。

 

そのため、気づいた時には糖尿病がかなり進行してしまっていることもあるのです。
糖尿病は最初は症状がないからといって深刻に考えないというのは危険ですよ。

 

糖尿病にかかると治療も大変です。
食事制限や運動など、生活をおくるうえで様々な制限が出ることになります。

 

あさらに、糖尿病というのは一度発症してしまうと二度と完治する事はありません。
糖尿病を発症すればその後は完治することはありません。
つまり、一生糖尿病と付き合っていく必要があるのです。

 

そのため、なによりも重要なことは糖尿病をまず発症しないようにする、ということです。
糖尿病予備軍なのであれば、しっかりと早めに対策をするようにしましょう。

 

早く対策をしておけば、糖尿病予備軍から糖尿病を発症するリスクも大幅に軽減することができますよ。
糖尿病は予防と対策がなによりも重要であることを忘れないでくださいね。

 

糖尿病予防に血糖値測定器が役立ちます。

 

糖尿病お助け隊では血糖値測定器の本体セット無料キャンペーンを行っています。

 

 

糖尿病予防と運動療法

 

糖尿病を予防して、血糖値を下げるためには、運動療法が効果的であり、欠かすことができません。

 

しかし、血糖値を下げるために運動をするというのは、どうしても苦痛になってしまいますのでなかなか続かないものなのです。

 

そのため、日常的に運動を続けるためには楽しみながら運動をすることがなによりも重要なんですよ。
では糖尿病予防に効果的な運動というのはどのようなものがあるのでしょうか?

 

やはり、最も手軽なものがジョギングやウォーキングです。
ジョギングの最大のメリットは道具なども必要なく、手軽に始めることができるということです。

 

近くの公園などに散歩がてら出かけることが出来ます。
運動の中でも特に手軽に実践することができるジョギングやウォーキングは多くの方が実践していますよね。

 

ただし、最初から飛ばし過ぎてしまうと身体にかかる負担が非常に大きくなってしまいます。
そのため、最初は20分程度の運動にして、それから少しずつ距離や時間を伸ばしていくようにしましょう。

 

そうすれば身体にも精神的にも負担をかけることなく運動を続けることができるようになりますよ。
肥満体質の方や運動不足の方は膝などの関節に負担がかかることも多いですので、準備運動をしっかりと行うようにしてくださいね。

 

糖尿病予防と治療法

 

糖尿病を予防するために最も効果的だといわれているのは、やはり食事療法と運動療法になります。特に食事療法は重要になります。

 

糖尿病を予防するためには食事メニューが重要です。まず、心がける事は腹八分目です。つまり、お腹いっぱい!という状態になるまでものを食べ続けてしまってはいけないのです。

 

この食べ過ぎを予防するために重要なことは、よく噛んで食べる、ということです。

 

よく噛んで食べるようにするだけで、食事時間が長くなります。食事の時間が長くなればしっかりと満腹感を得ることができるようになります。

 

一般的に満腹中枢が働くまでの時間というのは、20分前後だと考えられています。

 

そのため、20分以内でかきこむように食事をしてしまうと、相当な量の食品を摂取しているにも関わらず、満腹感を感じることができない…そのような状態になってしまうんですよ。

 

また、お米を食べるのであれば、糖尿病を予防するためにもお米ではなく玄米を食べるようにしましょう。この玄米には食物繊維とビタミンが豊富に含まれています。

 

そのため、満腹感を感じやすいんですよ。

 

玄米は最初は独特な味とニオイがしますが、慣れてくると苦にならない程度ですので、是非試してみてはどうでしょうか?

 

糖尿病予防と食事制限

 

糖質制限食というのは糖尿病において重要なものです。この糖質制限食というのは種類があり、その中でも特に糖質を厳しく制限するものをスーパー糖質制限食といいます。

 

このスーパー糖質制限食というのは朝や昼、夕の食事において一切主食を摂らない、というものです。このスーパー糖質制限食は非常に苦痛なものですが、慣れてしまうと次第に苦痛ではなくなりますよ。

 

ただし、実際にいきなり3食主食なし!という食事にしてしまうと辛くなってしまいます。

 

そういった方は夕飯だけ主食をなくすようにするなど少しずつ主食を減らすようにしてみましょう。またオススメの食事療法は、毎日食べている主食の量をしっかりと制限することです。

 

ここで注意しなければならないことは、糖質はなにか、ということをしっかりと把握することです。

 

米を食べなければ芋類を食べても良い!というものではありません。

 

炭水化物が含まれていれば、当然ですがそれらは糖質に分解されます。つまり、お米を食べずにイモ類を摂取すれば糖質制限ではなくなってしまうのです。

 

このように糖質というのは多くの食品に含まれているものですので、しっかりと意識をしてどのような食品にどれだけの炭水化物が含まれているのか、ということをよく把握しておくようにしましょうね。

 

 

糖尿病予防とスローフード

 

これまでには大量の食事を豪快に食べてお腹いっぱいになる、ということを食事に求めていませんでしたか?大量に食べてもう食べることができない…そのような感覚というのは確かに充実感のあるものです。

 

しかし、ドカ食いしているのでは血糖値が上昇してしまい、糖尿病のリスクが上昇してしまいます。食事というのはドカ食いよりもより食事を楽しむ方法があります。

 

それは一口をじっくりと味わうというものです。食材にはそれぞれに季節の味や香りがあります。その味や香りをスローフードでゆっくりと味わってみてはどうでしょうか?

 

スローフードで食事をとると、血糖値の上昇も緩やかになります。そのため、インスリンを大量に分泌させる必要がなくなるのです。

 

食材の味を噛みしめて一口を大切にするというのは、たんに食事の量で満腹感を味わうのとはまた違う満腹感を得ることができるようになりますよ。

 

大量の食料を一度に大量に摂取して、たんに胃袋だけで満腹感を感じるというのはまだまだ本当の満腹感を感じることができていません。

 

目と鼻と舌でゆっくりと食材の旨味を感じる、というのが本当の意味での食事なのです。このゆったりとした食事の時間を楽しんでみませんか?