糖尿病性腎症はどんな病気なの?


糖尿病性腎症というのはどのような病気なのでしょうか。
糖尿病性腎症というのは糖尿病の合併症の1つとしてよく知られています。
糖尿病を発症することで腎臓が本来持っているろ過機能が低下してしまう、という病気になります。

 

そもそも、腎臓は細い血管が集合してできあがっている臓器ですので、その血管内を通っている血液をろ過することで尿を作っています。
つまり、糖尿病を発症すると高血糖状態が続きますので血管が傷つけられてしまいます。
血管の集合体でもある腎臓の働きが悪くなってしまうというのは非常に危険なことなのです。

 

糖尿病性腎症が進行してしまい、悪化していくと腎不全、尿毒症といった命に直接関わるような病気を発症する原因になります。
そうなってしまうと、人口透析と呼ばれる治療を行わなければならなくなります。

 

人工的に血液をろ過するものなのですが、この血液をろ過する、という治療が必要不可欠になります。
この人口透析を始めなければならない原因のトップとなっているのが糖尿病性腎症なのです。

 

糖尿病性腎症を発症すれば、身体に命の危険が迫っていることはもちろん、治療はかなり辛いものになりますので、糖尿病を発症しても糖尿病性腎症を発症することがないように生活自体を改善する必要があります。

 

今なら、ACON社血糖値測定器の本体セット無料キャンペーンを行っています。

 

糖尿病性腎症は命に関わる?!

 

日本人の多くの方が発症しいてる糖尿病ですが、この糖尿病の恐ろしいところは合併症を発症しやすい、ということです。
糖尿病を発症して、放置したままにしていると合併症になりやすいです。

 

特に多く確認されているのは、糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症です。
糖尿病網膜症というのは最終的に失明にまで至る病気です。
失明の原因として2番めに多いと言われています。

 

そして糖尿病性腎症も命に関わる非常に危険な合併症です。
糖尿病において血糖値の高い状態が10年以上継続していると慢性腎不全を発症します。

 

腎機能が完全に機能しなくなれば、結果的には透析をしなければならなくなってしまいます。
腎臓というのは非常に我慢強い臓器ですので、異常を感じた時点で症状がかなり進行している、ということでもあります。

 

腎臓には身体の中から毒素を排出して、必要な栄養素を血液に送る、という人間が健康的に生きるうえで欠かせない働きをしています。
にも関わらずこの糖尿病性腎症を発症してしまうと、身体の中は毒素だらけになってしまい、結果的に身体は衰弱しきってしまいます。
そして最終的には死に至る病なのです。

 

糖尿病よりもこの合併症こそが本当の意味で恐ろしい、ということをよく覚えておきましょう。

 

 

糖尿病性腎症は必ず発症する?

 

糖尿病を発症しているからといって必ずしも糖尿病性腎症を発症する、というわけではありません。
糖尿病性腎症を発症する人というのは50%程度だといわれています。

 

しかし、糖尿病性腎症を発症した場合には非常に重大な問題になります。
この糖尿病性腎症を発症すると、透析をしなければならなくなります。

 

透析にかかる時間というのは4時間から5時間になりますので、時間的にも肉体的にも大きな負担がかかるものです。
このように糖尿病を発症した時点で糖尿病性腎症を発症してしまう可能性がある、ということを忘れてはなりません。

 

糖尿病性腎症の治療に関してですが、まずはタンパク制限が必要になります。
カロリーは一般的な糖尿病患者さんよりも多くなります。

 

糖尿病性腎症を発症すると体内のタンパク質の管理が困難になり、タンパク質、塩分といった水分の調整ができなくなりますので、腎臓の状態はどんどん悪くなってしまいます。

 

糖尿病をこじらせて糖尿病成腎症になることがないようにするためにも、食事療法や運動療法をしっかりと守っておく必要があります。
糖尿病を発症した時点で、糖尿病性腎症を発症している可能性がある、ということをよく覚えておくようにしましょう。

 

 

糖尿病性腎症と食事制限

 

糖尿病の食事療法というのは総摂取カロリーを抑えるために行っています。
しかし、合併症として糖尿病性腎症を併発してしまっている場合にはタンパク質、食塩の摂取量を少なくすることが重要になります。

 

糖尿病性腎症というのは糖尿病における3大合併症の1つとされています。
糖尿病を発症していることを判断しているのであれば、初期の糖尿病性腎症を発症していると考えて良いでしょう。

 

悪化すると腎臓機能が失われてしまい、人工透析がなければ生きていくことができなくなってしまいます。
人工透析が必要になった場合には、透析開始から5年後生存率というのはとても厳しくなります。

 

糖尿病性腎症を併発している場合には、まずは食事療法自体の目的が変化します。
併発していない場合においては血糖値のコントロールが必要不可欠になります。

 

併発後は腎症を進行させない、ということが加わって腎症が進行することを止める必要があります。
糖尿病だけで死に至るということはほとんどありませんが、この糖尿病性腎症を発症してしまった場合には命に関わる重篤な症状に進行してしまいますので、糖尿病が発症したことがわかったのであれば、腎症を発症しているかどうかもチェックしなければなりません。

 

糖尿病性腎症と血糖値コントロール

 

糖尿病において血糖値の高い状態が続いていると、血管が酷くダメージを受けてしまいます。
腎臓の血管に障害が及んでしまうと合併症における糖尿病性腎症を引き起こしてしまうこともあります。

 

糖尿病性腎症が進行してしまうと最悪の場合には腎不全になって人工透析が必要不可欠なものになります。
糖尿病において血糖値を徹底的にコントロールをしなければ、糖尿病性腎症を予防する、ということは可能です。

 

糖尿病性腎症になると、腎臓の老廃物をろ過するという機能が低下してしまいます。
過剰なたんぱく質、食塩が腎臓に負担をかけてしまいます。
糖尿病性腎症を悪化させてしまうのです。

 

そのため、血糖コントロールと同時に、タンパク質、食塩の摂取量を控えるようにして腎臓の負担をしっかりと軽減させるようにしなければなりません。
とはいっても、人間は基本的にタンパク質、糖質、脂質といった3大栄養素から必要な栄養素を摂取しています。

 

そしてタンパク質というのはエネルギー源としてだけではなく血液、筋肉を作り出すうえで欠かせない栄養素です。
そのため、糖尿病性腎症を発症しているのであれば糖質、脂質、タンパク質とのバランスをとるということが重要になります。
そうすることで糖尿病性腎症の症状の予防、改善をすることができます。

 

 

糖尿病と糖尿病性腎症

 

糖尿病を発症すると、糖尿病だけではなく様々な合併症を併発してしまうようになります。
その中でも腎機能に合併症を併発してしまうと腎症、腎炎といった腎臓における機能が低下してしまうようになります。

 

もともと腎臓の機能というのは食事によって摂取をした食べ物を体内において消化して、必要なものは吸収して、不必要なものは尿として排出します。
どういった成分を血液の中に送り込むのか、そして体外なにを排出するのか、ということを決めるフィルターのような役割をしているのです。

 

糖尿病を発症すると腎臓がこのフィルターの役割をしっかりと行うことができなくなります。
腎臓の中にある糸球体という部分がフィルターの役割をしているのですが、糖尿病になるとこの糸球体がどんどん破壊されてしまうようになるのです。

 

腎臓のフィルターとしての機能が低下してしまえば、尿によって体外へ排出されるはずの毒素などが全て血液中に戻っていってしまいます。
毒素が血液中に入るということは、その分必要な栄養素は体外へ排出されるようになります。
これが、腎症における蛋白尿の仕組みになります。

 

この状態になると身体はどんどん弱ってしまい、糖尿病の症状も悪化しやすくなります。