生活習慣と糖尿病


毎日の生活習慣が原因となって起きている糖尿病ですが、毎日の生活習慣、食生活に注意をすることで予防することができます。
偏った食生活、そして不規則な食事時間、過食といったものも糖尿病の原因となりやすいです。

 

つまり、まずは食事内容に気をつけるようにしましょう。
肥満の原因となっている糖分、そして脂肪分はなるべく控えるようにしましょう。
そして緑黄色野菜を積極的に摂取するようにしてみましょう。

 

サラダなどの生野菜だけでは必要なだけの栄養素を効率よく摂取することはできませんので、温野菜を上手に活用してみましょう。
そうすればかなりの量の野菜をたっぷりと摂取することができます。

 

また、濃い味の食事というのは食欲増進効果がありますので過食の原因となります。
さらに血圧を上昇させてしまう原因になりますので、薄い味付けをするようにしましょう。

 

もちろん、食生活だけでなく運動をすることも重要です。
運動をすることでカロリーを消費することができるだけでなく、筋肉を鍛えて代謝をアップさせることができます。

 

デスクワークを主に行っている方は、特に意識をして身体を動かすようにしてみてください。
そうすればより効率よく糖尿病予防、症状の緩和を行うことができるようになりますよ。

 

血糖値測定器の本体セット無料キャンペーンについて詳しく知りたい

 

低血糖なら食事療法で

 

低血糖というのは食事療法によって改善することができると考えられています。この低血糖症は、食事療法でも十分に治療することが可能だということが近年になってわかってきました。

 

食事療法であれば薬剤等を使用することはないので、まさに最も安全な治療法でもあるんですよ。薬物療法を長時間続けるのであれば、薬剤に依存した治療法となってしまいます。

 

さらに薬剤の微調整というのは簡単なことではありませんので、投薬によって血糖値を保つのではなく食事療法を行って血糖値を上げないようにすることが重要です。そうすることで急激な血糖値の下降を予防することができるようになります。さらに甘いものを極力避ける、という目的もありますので、しっかりと食事療法を実行してみましょうね。

 

低血糖症の食事療法の最も基本的なことは糖分を控えるということになります。甘いものの過剰摂取がなによりも低血糖の原因となりますので、甘いものは極力避けるようにしなくてはなりません。

 

砂糖をたくさん使用している果物であったり、ドライフルーツというのは糖分の塊のようなものです。そのため、極力摂取するのは控えるようにしていきましょうね。

 

このような小さな心がけが低血糖を回避するためには必要不可欠なんですよ。

 

 

低血糖症と頭痛

 

甘いものを食べることによって頭痛の症状が出る方がいます。また、頭痛がすると甘いものが食べたくなる、ということもありますよね。この甘いものと頭痛というのは深い関係があります。また、セロトニンと血糖値が関係することも分かっているのです。

 

頭痛の原因は様々ではありますが、セロトニンの分泌量が多すぎると血管が拡張してしまいますので、それが原因で頭痛を発症してしまいます。さらに、また、甘いものを食べると、一時的にセロトニンの量が増加するために神経を圧迫してしまい頭痛を引き起こすのです。

 

このセロトニンによる頭痛よりも、血糖値の急な上昇によって頭痛を感じる時の方が危険です。そのような場合には少しでも血糖値を下げなくてはなりません。脳というのは、血液中の糖をエネルギーにしています。しかし、この血糖値の量が安定している時が最も活動しやすい時です。

 

脳がエネルギー不足を起こしてしまう低血糖でも、エネルギー量が多すぎる高血糖でも身体にはよくありません。安定している状態であれば最も活動しやすく、頭痛を感じることもありませんよ。血糖値のコントロールというのは簡単なものではありませんが、普段からしっかりと血糖値の上昇と下降とが頻繁に起こらないようにしておきましょう。

 

糖尿病と運動療法

 

糖尿病がを発症した場合、食事療法はもちろん、同時に運動療法を行わなければならなくなります。
食事療法というのはレシピを考える、というだけでもかなり大変です。
そのため、つい食事療法にばかり意識を向けてしまいがちですが、運動療法もおろそかにしてはいけません。

 

しかし仕事を持っている場合には、運動に長い時間をとることができる、というものでもありません。
やはり効率の良い方法を選択するというのが非常に重要になります。

 

運動療法はカロリー消費を目的として行うのですが、やはり最近注目されているのは炭水化物の消費量です。
炭水化物というのは消費しなければ糖になり、それが蓄積されると糖尿病を発症してしまいます。

 

運動療法としては色々なものが考えられるのですが、ジョギングというのはどうしても慣れていなければ身体に負担がかかりすぎてしまいます。
そこで、ランニングではなくウォーキングを試してみてはどうでしょうか。

 

ウォーキングはランニングほどは消費カロリーは多くありませんが、身体にかかる負荷も少なくすることができて、同時にカロリーを効率よく消費することができます。
普段の生活の中で手軽に実践することができるものですので、糖尿病予防、症状の緩和にウォーキングを試してみてください。