糖尿病の3大合併症


糖尿病の3大合併症というものをご存知でしょうか。
この3大合併症というのは糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病性腎症の3つになります。

 

これらは糖尿病に特に多い症状なので、血糖値をしっかりとコントロールせずにいると10年程度で発症してしまう可能性があります。
糖尿病神経障害というのは合併症においてももっとも多く出る症状になります。

 

末梢神経障害における手足の症状の出方というのは色々とあって、手足のしびれや外部からの刺激に鈍感になってしまうことがあります。
さらに筋力が低下してしまったり、胃腸の調子が悪くなる、勃起不全を発症するなど色々な神経障害を発症するリスクが高くなります。

 

そして糖尿病網膜症ですが、これは眼底に無数に存在している血管の血液の流れが悪くなってしまうことで網膜剥離などの症状を引き起こします。
その結果、視力が弱まってしまうことをいいます。

 

網膜症というのは少しずつ進行するのですが、注意しなければならないのは進行したとしても視力の低下のような自覚症状はほとんどない、ということです。

 

また、糖尿病性腎症のように体内の栄養素と毒素との仕分けをする、ということが難しくなる症状も出るようになります。
そういった症状には十分に注意しておくようにしましょう。

 

血糖値測定器の本体セット無料キャンペーン

 

 

糖尿病の合併症

 

糖尿病でもっとも怖いと言っても過言ではないのが合併症です。合併症を避けるためにも、治療を続けて血糖値をコントロールしなければいけません。糖尿病の合併症には種類があります。

 

・糖尿病性神経障害
脚の神経に障害が起きる合併症です。
痛みを感じない、熱さを感じないといった症状があらわれます。
最悪の場合には壊疽することがあり、脚を切断しなければならなくなってしまいます。

 

・糖尿病性網膜症
糖尿病性網膜症は、目の血管が硬化する合併症で、目のかすみを訴えるようになり、最悪の場合には失明してしまいます。

 

・糖尿病腎症
糖尿病腎症は、腎臓に合併症が起きてしまうもので、最悪の場合には人工透析が必要となります。
症状はほとんどなく、自覚するような症状があるときにはすでに、かなり腎機能の低下が起きている状態です。

 

糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病腎症は、糖尿病の三大合併症と言われているものですが、このほかにも糖尿病による急性の合併症として、歯槽膿漏、白内障、乳酸アシドーシス、脳梗塞、心筋梗塞といったものがあります。

慢性的な合併症は、高浸透圧性高血糖症候群や糖尿病性昏睡、ケトアシドーシス性昏睡。
合併症が起きてしまうと、死のリスクを高めます。
症状だけでは原因が糖尿病にあると判断することは難しいため、定期的に検査を受けて、早めに合併症に対処することが重要です。

 

糖尿病の原因

 

糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンの働きが弱く、ブドウ糖が十分に使われないことが原因となる病気です。
インスリンの働きに異常が見られる原因としては、インスリンの分泌が十分でない場合と、インスリンの分泌量が十分でありながら正常に働かない場合が考えられます。

 

こうしたインスリンの働きに異常が見られる場合、つまり糖尿病になってしまう原因として考えられているのは、遺伝的なもの、高血圧、肥満、薬物による影響があり、これ以外にも低血糖発作経験者のようなその他の原因があります。
遺伝的なものが関係して糖尿病になるケースは、若年層で糖尿病を発症する場合が多く見られます。
また、遺伝的には問題がない体質で合っても、肥満や高血圧といった環境的な因子が強く影響してしまうと、糖尿病にかかりやすくなるため注意が必要です。

 

特に肥満は、糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こす危険因子とされています。
年齢が高くなるとともに、肥満が身体におよぼす悪影響は大きなものがありますから注意しなければなりません。

 

インスリンの働きが弱くなるのは、膵臓機能に問題があるから。
膵臓機能の低下には、食生活が大きく関係しています。
食事によって肥満を防ぐことが、糖尿病予防に効果的です。