血糖値を下げる努力を続けている人のサポートアイテム


血糖値を下げる努力を続けている人にとって、なかなか成果が出ないことは大変に辛いことでしょう。

 

境界型糖尿病、つまりいつ本格的な糖尿病になってしまってもおかしくない方が行う、食事療法と運動療法。

 

その内容としては、例えば食事なら食べる順番に注意してゆっくり食べる、運動なら食後15分程度でも軽いウォーキングをする...など、一見するに無理のない改善のように思えます。

 

ですが染み付いた生活習慣がある上に、新しいことを取り入れて改善していくということは、思いの外難しいものです。

 

自分なりに努力しているつもりだけれど、思うような結果に繋がってくれない。

 

努力はしているものの、完璧とは言えない生活習慣があり、それが思いの外影響してしまっている。

 

そうした自覚がある人達にとって、たったそれだけと思えるような食事療法も運動療法も、大変に厳しいものだろうと思います。

 

ここではそんな方々に向けてお勧めしたい、グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)についてご紹介していきます。

 

 

手軽に続けられるグルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)

 

血糖値が気になる方が増えている現代、血糖値のコントロールをサポートするアイテムは、いくつも存在しています。

 

その中でも、特に手軽で効果があるアイテムとしてお勧めなのが、グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)です。

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)はご想像通りお茶ですので、ただ飲むだけで血糖値を下げることができます。

 

様々あるアイテムの中でも、これほど手軽なアイテムはないと言っても過言ではありません。

 

何故なら、お茶を飲むという習慣は誰にでもあり、新たに習慣付ける必要性がないからです。

 

例えばサプリメントなどの場合、それまで飲む習慣がなかった方にとっては、つい飲み忘れてしまうこと多々あるものです。

 

一方コントロールティーはお茶ですので、日頃飲む習慣のお茶に置き換えることができますので、飲み忘れるということも余程のことがない限り起きることはないでしょう。

 

その分誰にでも継続しやすく、その効果も発揮させることができるのです。

コントロールティーで血糖値が下げられる理由

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)は医薬品ではありませんので、強制的に一定値まで血糖値を下げるようなことは当然出来ません。

 

そうした意味では、効果には個人差が生じるでしょうし、なんと言っても日頃の食習慣や運動習慣が大きく効果の出具合を左右することはあるでしょう。

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)には、血糖値を下げる効果や、インスリン感受性を正常に保つ効果があると言われている生薬が使用されています。

 

1日に数回、出来れば食事の前後や食事中に定期的に飲むことが勧められています。

 

最近は市販されているものでも、糖の吸収を穏やかにする、血糖値を下げるといったものが増えてきていますが、インスリンの分泌を増やしたり、インスリンの働きをよくするといった効果には期待が持てません。

 

その点グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)には、小腸で糖の吸収を抑える役割だけでなく、インスリンをサポートする成分も配合されています。

 

ただ生薬と耳にすると、漢方やハーブの類は効かない体質だから意味がない...という方もいることと思います。

 

しかし、グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)には力ある生薬がふんだんに使われていますので、これまで体質的に合わなかった...といった方でも試してみる価値はある商品だと思います。

 

何よりお茶であることから飲む習慣もつけやすく継続できますので、その効果も実感しやすいものになると言えます。

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)飲用の注意点

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)には血糖値を下げる効果を持つ生薬が入っていますので、飲めば血糖値管理が楽になる可能性が高いです。

 

また、お茶というスタイルですので飲む習慣も付けやすく、気軽に始めることが出来るかと思います。

 

ですが、飲むのが当たり前になるだけでなく、つい飲み過ぎてしまう、飲むタイミングも考えずに四六時中飲んでしまうといった場合には注意が必要になります。

 

ご承知の通り、血糖値は高いだけでなく、下がり過ぎることも問題で、血糖値が低すぎることは命の危機にも直結します。

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)は医薬品ではありませんので、飲み過ぎに対して大きな心配が必要になる訳ではありませんが、生薬の効果の出具合には個人差が生じますので、飲用する量には注意が必要です。

 

基本的には、空腹時は誰でも血糖値は低くあるものです。

 

高血糖症の方であれば常に高い血糖値と言えるかもしれませんが、自分でも糖分が足りていないという自覚があるような時間帯にグルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)を飲むことは、避けた方が無難と言えるでしょう。
いずれにしてみても、時間を問わずお茶だけを楽しむようなことはせず、空腹時は避けて飲用し、用法用量を守ることをお勧めします。

 

余程極端な使い方をしなければそれほど神経質になる必要はありませんが、どんなものも摂取のし過ぎは逆効果ですので、医薬品ではないからと油断し過ぎないよう注意しましょう。

 

血糖値測定器との併用で効果を実感

 

効果があると言われているグルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)も、その効果を実感することは、自宅では難しいものではないでしょうか。

 

何月かに一度の血糖値検査までは、コントロールティーの効果が出ているかどうか分からない状態では、継続にも不安が生じるところかもしれません。

 

グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)の効果を確認するためにも、自宅でも血糖値測定器を活用することをお勧めします。

 

現在、血糖値測定器にかかるコストもそれほど高いものではなくなってきています。

 

例えば、トゥルーピコと呼ばれる製品であれば、本体に10回分の検査ができる消耗品がついて3,400円で購入することができます。

 

このトゥルーピコは消耗品単体も平均よりずっと低価格ですので、血糖値測定器が必要な方であれば、どんな方にもお勧めできる製品のひとつです。

 

血糖値測定器は、糖尿病患者にとて必須のアイテムとなりますが、何も糖尿病患者だけが使用するものな訳ではありません。

 

糖尿病予防のために血糖値測定器を持つということは大変有益ですし、望ましい形であるとも言えます。

 

今はまだ糖尿病手前でインスリンが働いている訳だから、血糖値測定器は必要ないと思われる方もいるかと思いますが、本来ならば体内で自動的に行われる血糖値調節機能が弱り働かなくなってしまうのが糖尿病です。
高血糖が続いているのであれば、その領域に足を半分踏み入れているのと同じこと。

 

コントロールティーと併せて血糖値測定器を使うことで、今のうちから積極的に血糖値コントロールする術を身に付けておくことをお勧めします。

 

本気で血糖値を下げたいと思っている方であれば、もう血糖値を気にしながら生活するのは嫌だというのが本音のはず。

 

ですが、食事療法や運動療法を諦めて、何の努力もせずにそのような状態に戻れることはありません。

 

今後、気を抜けば抜いた分だけ血糖値の管理は難しいものとなり、それも結果を生み出せなければ、本格的な糖尿病治療を始めることになるでしょう。

 

そのような事態を防ぐためにも、今出来ることをグルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)や血糖値測定器の力を借りて、今すぐにでも始めてみては如何でしょうか。