日本人の死因ランキングを見たことがありますか?


日本人の死因ランキングは、わざわざ厚生労働省の死因ランキングを参照しなくても大方は予想がつくのではないでしょうか。

 

身近で誰かが亡くなったという話になると必ずどうしてという情報も耳に入りますから、がんで亡くなる方が多いこと、心筋梗塞や脳卒中などで亡くなる方が多いことは自明です。

 

実際にランキングを確認しても、実感と同じようにやはりがんで亡くなる方は多い。死因の第一位です。続いて心筋梗塞などの心疾患が二位、総卒中は脳血管障害の一般名ですが、これが第三位と続いています。

 

もちろん、若い年代だけを見ると心疾患や脳血管障害で亡くなる方は少なくなります。
30代、40代と進むに従って心疾患の順位が上がり、50代になると急に脳血管障害が浮上してきます。

 

がんが死因の多くを占めることに変わりはありませんが、心疾患、脳血管障害のリスクが歳を取るに連れて高まるということも、また自明のことなのです。

 

さて、歳を取るにつれてリスクが高まる心疾患と脳血管障害の共通点にお気づきでしょうか。

 

そう、どちらも血管に関わりがある病気ということです。

 

つまりこれは、歳を取るにつれて血管のコンディションが著しく悪くなるということを意味しますし、血管の管理を疎かにすると死に至る可能性が高まるということなのです。

 

反対に言えば、血管さえ健康であれば死因の2位、3位を占める病気の恐怖から解放されるということ。もっと直接的に言えば、死んでしまう可能性を極端に下げることが出来るということなのです。

 

これを読んでいる方は、血管の健康の重要性に気付き始めた方なのではないでしょうか。健康の秘訣は血管にあると気付いたのではないでしょうか。

 

そこに気付いたあなたは非常に賢明な方だと思います。そして、健康的な食事法や手軽で効果的な運動法の他に血糖値測定器について調べているなら、健康に対する意識は人一倍なのでしょう。

 

本気で血管の健康について考えている証拠です。

健康でも血糖値の測定って必要?

 

結論から言って、健康状態ならば血糖値の測定は不要だと思います。

 

健康診断などで血糖値を測る機会があればもちろんよく確認しておくべきですが、健康診断で異常なしと言われているにも関わらず、血糖値を家でまで測る必要があるかと言われればノーなのです。

 

自宅での血糖値測定をおすすめするのは、あくまで血糖値が気になっている方です。糖尿病なんてまだ先の話だけど、もしかしたら10年、20年先、糖尿病になってもおかしくない生活を送っている方、もしくはこのままだと糖尿病になるよと医師に釘を刺された方です。

 

例え今は健康で、何の自覚症状もなかったとしても、血糖値に自信がないのなら、是非持っていてもらいたい。後でお話しますが、糖尿病は血糖値を測ることが最大の予防法だからです。

 

ではこんな人はどうでしょう。

 

おそらくこれを読んでいる方は健康に対する意識が高く、色々なことを自分で気をつけられる方なのではないかと思います。

 

酒やタバコはよく飲むけれど、やめなきゃなと思っている、甘いものは好きでも控えるようにはしている、出来るだけ運動もしている。

 

血糖値に対する知識もあり、問題は血糖値が高いことではなく血糖値を下げる能力の低下や鈍化にあるということも知っている。

 

どんなときに血糖値が上がり、どんな食べ物が糖尿病を招くのかを知っている。

 

それでも、その健康法が手探りなのは否めない。目だって不健康な生活を送っている訳ではないけれど、食べ過ぎることはよくあるし、甘いものも好きでよく食べる。

 

血糖値が高い状態の症状である、喉の渇きや疲労の溜まりやすさ、食事を摂ったのにすぐにお腹が空くという状態に心当たりがある。しかし決して病院に行くほどではなく、自分が糖尿病なら他の人はとっくに進行している、と思う。

 

それでもやはり、数字を見るまでは信用できない。そんな自分でも血糖値測定器は必要なのかと考える。こんな方の場合、血糖値測定器は必要なのでしょうか。

 

必要はないと思います。

 

 

血糖値測定を始めるのにうってつけの測定器

 

血糖値測定器についてお調べになったことがあるのなら、大抵のものはちょっと興味があるだけで買うには高いと感じたのではないでしょうか。

 

低価格の本体を見つけても、検査紙が見つからないという不満もあると思います。はっきり言って測定器の性能云々以前の問題で、分かりにくく、手が出にくい製品なのではないかと思います。

 

やはり専門的な器械なのかと諦めてしまう方も多いでしょう。

 

ところが、ビューティ&ヘルスリサーチ社は、「血糖値を測定することが最大の糖尿病予防」というコンセプトを掲げ、誰でも簡単に血糖値測定を出来るような商品プランを開発したように見受けられます。

 

本格的に血糖値測定が必要な方には、10回分の検査紙と針ではとても足りません。しかし家で自発的に血糖値管理を始めるのには十分な量です。

 

血糖値は測るだけで管理に役立ちます。

 

例えば、血糖値が上がりにくい食事法を試してみてください。まずは普通の食べ方で、食前に一回、食後に一回。次の日は食べ順を意識した食べ方で血糖値を測るのです。

 

これで正解が分かります。

 

また、食後の運動はどれだけ血糖値の上昇を緩やかにするのか、実験してみてください。

 

10回ではやはり物足りないかもしれませんが、それでも自分がどんな生活を送っていたのかということはお分かりになると思います。

 

測定実験が足りなければ、ビューティー&ヘルスリサーチ社では消耗品も検査紙と針がセットで販売されています。

 

比較的消耗の激しい検査紙だけでの販売がある点も嬉しいところです。

 

とにかく始めやすく、消耗品の補充も簡単という点がおすすめなのです。

 

金銭的な負担も抑えられる上、身体的な負担も少なくて済む。

 

糖尿病患者は、今日は検査しなくても良い日なんて自分では決められません。インシュリンを出す能力がなくなってしまえば、医師の指示に従って毎日注射を打たなくてはなりません。

 

注射の苦痛もさることながら、血糖値を測定する際の苦痛も、回数を重ねれば蓄積していきます。

 

それも、痛い血糖値測定器だとしたらという話。

 

エイコン血糖値測定器

 

血糖値管理のお供におすすめのアイテム

 

血糖値を下げるコツが分かれば、測定を毎日する必要はありません。

 

実験的に、例えば食べ過ぎてしまった日に、どれだけ血糖値が上がるのだろう、満腹まで食べたら血糖値を下げるのにかかる時間は変わるだろうか、お酒と血糖値の関係はどうなっているのだろうという風にお使いいただきたいのです。

 

そして結果を記憶し、健康的な生活の指標としてください。既に血糖値が高くなりがちだと言う方も、そんな生活をすれば血糖値が下がることは間違いないと思えるはずです。少しコツを掴めば、次の健康診断を恐れる必要はありません。

 

心疾患や脳血管障害などが表れるのは、40代、50代くらいからです。一般的には働き盛りと呼ばれる年代であり、定年まであと一歩の踏ん張りどころという時期です。

 

社会的な責任も重くなり、ストレスを抱えることも多くなる。

 

同時に死に至る病を抱えるリスクも高くなります。たとえ命は助かったとしても、血管障害は後に残りやすい病気でもあります。体の一部が動かなくなったり、厳しい食事制限、行動制限が必要になったりすることもある。

 

血管を大事にしてください。血管を大事にする生活は、自ずとガンのリスクも下げる生活となるはずです。

 

血糖値管理のお供に、アルギニンというアミノ酸がおすすめです。
アルギニンは血管障害の予防には最適で、血糖値を下げる効果のみならず、血圧を下げる効果も期待されています。

 

またアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させ、睡眠時の回復を促すという作用も期待できます。血管を広げ(血圧を下げる理由です)、血流をアップさせることから、EDの治療に使う方もいます。

 

実際のところ、血糖値測定器は少し大袈裟な気がするけど、やっぱり健康には気を遣いたいという方には血糖値測定器を後回しにしても良いのではと言えるくらいおすすめです。

 

血糖値が気になるのでしたら、是非血糖値測定器を使って研究をしてください。コツコツと実験を繰り返すことで、必ず血管の管理が上手になります。

 

実用的で直接的なアイテムが必要ならアルギニンがおすすめです。血糖値測定器と併せて使うと面白いと思います。