フリースタイルライトは魅力的な血糖値測定器です


血糖値を自身で測定したことがある方の中には、血液が思うように出なかったと言う経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

針を浅く刺せば痛みは軽減しますが血が出にくいですし、反対に深く刺せば血は出るものの強い痛みが伴います。

 

一度でも痛いと感じてしまうと、針を刺すことに恐怖心を持ってしまいますよね。

 

大事なのはなるべく痛みを感じずに測定することではないでしょうか。

 

痛みさえ取り除けば、測定自体は数秒で終わりますから手間のかかるものではありません。

 

糖尿病対策や血糖管理で血糖値測定器を探しているという方におすすめしたいのがフリースタイルライトです。

 

このフリースタイルライト、指から穿刺する一般的な穿刺器とは異なり、指はもちろんのこと足や腕からも血液を取ることができるんです。

 

 

しかもほんの少量の血液で測定ができるため、針の深さも浅いままで穿刺でき、ほぼ痛みを取り除くことか可能となりました。

 

もちろん魅力的なのは痛みがほとんどないという点だけでなく、約4秒で測定でき400回分の測定結果が保存できるという点にもあります。

 

 

 

安価で性能の良い血糖値測定器

 

個人輸入を利用すれば、検査紙といった消耗品だけでなく、血糖値測定器をお得に購入することもできます。

 

例えば、フリースタイルライトと呼ばれる血糖値測定器は、採血量も世界最小の『0.3μL』を可能にしています。

 

あらゆる理由(例えば皮膚の厚みや、血行の悪さなど)で自分で採血することができない方の場合、やっとの思いで採血をしても、体液が血液に混入してしまうことで血糖値が正しく表記されないようなケースがあります。

 

そんな負担やミスを、極々僅かな採血量にすることを可能にしたことで、フリースタイルライトはより使いやすい血糖値測定器として選ばれています。

 

本体はコードレスなので場所を問わずどこでも使用でき、39gと計量ながら測定記録容量は400回分と大容量です。

 

例えば1日3回測定を行う方の場合でも、4ヶ月以上本体に測定記録を残しておくことができる計算になります。 測定時間についても、僅か5秒でチェックすることが可能です。

 

 

製造会社は、糖尿病医療用医薬品として世界130カ国以上でその製品を販売しているアボット社てが揃えられ、よりお得にフリースタイルライトを購入することができます。

 

 

現代の日本は、成人の約5人に1人の割合で糖尿病の可能性があり、更に40歳以上の場合は約3人に1人が糖尿病患者または糖尿病予備軍であると言われています。

 

そして、糖尿病にならないためには、なんと言っても自己管理が不可欠となります。

 

糖尿病という病を気にする方々にとって、もはや相棒ともなる血糖値測定器や消耗品のストリップなどと呼ばれる試験紙(検査紙)。

 

継続的に自己管理を行うためにも、これらにかかるコストについて考えてみる、または見直してみることも大切なことではないでしょうか。

 

精神的にも肉体的にも経済的にも負担を低減できる手段や製品を選び、糖尿病に予防につなげて、健康を維持していきましょう。