糖尿病にならないためにインスリンサポートの生活習慣を!


糖尿病という病の名称は広く認知されているものの、意外にその実態を知っている人は少ないように思えます。

 

糖尿病になると一体どういったことに困ることになるのか、その予防法として何が重要なのか、明確に応えられる人など極僅かではないでしょうか。

 

また、たとえ血糖値が高いことを気にしている方でも、そこまで自分の健康に危機的な状況を感じている人は少ないのかもしれません。

 

私達が糖尿病に対して感じなければいけない危機は、尿に糖が混じるという症状ではなく、血糖値コントロールがうまく出来ていないという健康状態にあると言えます。

 

また何よりも恐れるべきことは、全身に表れる糖尿病の合併症です。
血糖のコントロールが不全になり糖尿病を抱えれば、ブドウ糖の害により毛細血管が痛み塞がることで、末端の壊疽、失明、高血圧、心疾患や脳血管障害などの症状も引き起こすようになります。

 

染み付いた悪循環の生活習慣により、本来であれば問題なく行われるはずの血糖値コントロールを失う=糖尿病になれば、私達は様々な症状に襲われ苦しむことになるのです。

 

 

糖尿病にとってブドウ糖は外敵


闘病という言葉がありますが、病気を治療するための道のりはその名の通り闘いです。

 

外敵が襲ってくるとなれば、身を守るために必死になって戦おうとする。

 

そんな闘いを糖尿病にたとえるなら、外敵はブドウ糖ということになります。

 

そして、私達の身体の中でブドウ糖と闘うべき味方はインスリンです。

 

一般的に糖尿病は、味方となるインスリンの働きが鈍くなったり、インスリンがいなくなってしまうことで起こる病気です。

 

闘うべき味方がいなくなれば、当然ながら外敵は好き放題に暴れることになり、様々な合併症を引き起こす原因へと繋がってしまいます。

 

しかし、この場合に外敵とされるブドウ糖も、一方ではエネルギーともなるものですので、全くなければないで困ることになります。

 

つまり、その数が少数であれば利用価値は高くなるのですが、多勢集まり集合体となると厄介な存在となってしまうのでブドウ糖です。

 

だからこそインスリンはブドウ糖が増えすぎないよう、その両調整を行うために活躍してくれるのです。

 

これが本来、私達の体内で行われている絶妙なバランスの働きかけなのですが、暴飲暴食といった乱れた生活習慣により、このバランスを自ら崩してしまう人達がいます。

 

その結果、血糖値は高くなり、糖尿病という病を抱えてしまうことになるのです。

 

インスリンをサポートして糖尿病予防

 

血糖値コントロールがうまく出来なくなってきたという人にとって、糖尿病予防のための対策は非常に重要なことです。

 

対策にも様々なタイプのものがあり、例えば糖質の制限や適度な運動など、日常生活をより健康的なものへと導く努力も必要になるでしょう。

 

ですがその本質は、ブドウ糖と闘うインスリンをサポートをすることで、そもそも外敵であるブドウ糖を取り入れないようにすることにあると言えます。

 

まず大前提として、私達にとってブドウ糖は大切な栄養源と捉える考え方を断ち切ることが必要になります。

 

ブドウ糖は完全な悪者という訳ではありませんが、その取扱には大変な注意が必要になります。

 

既に血糖値コントロールを失いかけている人にとって、既にブドウ糖は外敵にしか過ぎないといった解釈を持つようにしましょう。

 

実際、糖分というものには中毒性があるため、その欲求を抑えることは難しい面があると思います。

 

ですが糖尿病になってしまえば、人工的にインスリン注射を打つことでしかブドウ糖の脅威から身を守ることは出来ませんし、様々な合併症に苦しむことになります。

 

そんな健康状態になることを回避したいのであれば、今からでも血糖値コントロールを正常なものに戻す為の努力と強い決意を持つことが必要なのです。

 

急激な血糖値の上昇を防ぐ習慣を付ける

 

糖尿病を予防する上で、日常的に糖分を排除することは確かに重要なポイントですが、完全排除を実現させるのは大変に難しいことです。

 

また、糖質を完全にオフにしてしまうなど、やり過ぎも禁物と言えます。

 

ただそうなると、どこまでが良くてどこからが危険なのか判断がつかなくなる方が大半かと思います。

 

後にも記しますが、具体的に血糖値を数値化し判断するためには、血糖値測定器を用いるのが非常に便利です。

 

ですがここではまず、急激な血糖値の上昇を避けるための日常的な習慣の工夫について記していきましょう。

 

ブドウ糖がいくら身体を傷つける可能性があると言っても、インスリンが正常に働きかけていれば、糖の摂取も大した問題ではありません。

 

インスリンがしっかりと働きかけ、ブドウ糖が体内で幅を利かせるような状態にさえならなければ良いのです。

 

ですが、急激にブドウ糖が増加することがあるとインスリンも焦ってフルパワーに活動することになり、正常な働きかけ自体が難しいものになってしまいます。

 

だからこそ、急激に血糖値を上げるような生活習慣は意識的に改善する必要があるのです。

 

急激な血糖値の上昇を抑えるとなると、日頃の食事の仕方には意識を向けることが大切です。

 

例えば、炭水化物を先に口にしてしまうと、血糖値はグンと上昇する結果となります。

 

これはブドウ糖の吸収が急激に行われてしまうためです。

 

この状態を回避するためには、先に野菜を口にするようにし、肉や魚といったタンパク質や脂肪を入れてから、そのあとで炭水化物を摂るようにします。

 

また食べ物はよく噛み、時間をかけて食べるようにすることでも、血糖値の上昇は緩やかなものになり、身体への負担を軽くすることができます。

 

こうした工夫は、習慣的についつい早食い、大食いしてしまう、お米からがっつり食べてしまう...といった方にとっては厳しい制限かもしれませんが、食べてはいけない!という制限がかけられる訳ではありませんので、少しの意識から身体に負担のかかる習慣を改善していきましょう。

 

また、なかなか習慣を断ち切ることができないといった方の場合は、ドクターズチョイス社の「フェーズ2プラス」といった炭水化物の吸収を抑えるサプリメントの活用を考えてみるものお勧めです。

 

こうしたサプリメントは飲むだけで、ある程度血糖値の急激な上昇を抑えることができますので、血糖値コントロールに役立てられるでしょう。

 

また食後、軽い運動を20分〜30分程度行うことでも、血糖値の上昇を緩やかにすることができると言われています。

 

食べている間にも血糖値は上がるものですが、最も血糖値が上がるとされているのは食後のタイミングです。

 

つまりはこのタイミングをどう過ごすかによって、身体にかかる負担が大きく変わるということになります。

 

食後に運動をすることは難しいといった環境にある場合は、血糖値を下げる生薬配合の「グルコティー (旧 血糖値コントロールTEA)」などを食後に飲む選択をするのも良いでしょう。

 

当然ではありますが、サプリメントやお茶といったアイテムに便り過ぎることなく、自分自身の力で血糖値コントロールができるようになれることが理想ですので、少しの意識や工夫から生活習慣を見直していきましょう。

 

 

血糖値測定器で血糖値の様子を知る

 

私達の身体は血糖値が上がれば下げようとしますし、逆に下がり過ぎれば上げようと働きかけます。

 

ですが、私達自身はその変化を自分の目で確かめ、理解することは出来ません。

 

だからこそ、血糖値が高い状態を放置してしまったり、駄目だと分かっている習慣もなかなか正せずにいる面があるのでしょう。

 

また、よくわからないこそ健康状態を気にするあまり、炭水化物はそれほど採らない食事でもサプリメントを飲んでしまったり、血糖値が特に高い状態な訳でもないのにコントロールティーを飲んでしまったりと、誤った対策をしてしまうこともあるだろうと思います。

 

血糖値は血糖値測定器を用いることで、その変化を自ら認識することができます。

 

つまり、血糖値測定器を使えば、それまで曖昧だった自分の血糖値への的確な対策をとることができるようになる訳です。

 

例えば、◯◯を食べることでこれだけ血糖値が上がる、食事を工夫することでこれだけ血糖値が緩やかなものになる...といったことを自ら把握できますので、血糖値コントロールへの意識も自然と高まるようになります。

 

血糖値測定器を用いるだけで血糖値が下がるようになるのは、紛れも無い事実ですので、血糖値が気になる方はこの機会に是非血糖値測定器の購入を検討してみてください。

 

 

血糖値測定器は使うべきアイテム

 

血糖値測定器というと、糖尿病患者の人が用いるもの...といったイメージが強いかもしれません。

 

実際、糖尿病にまでなっている訳ではないのに、血糖値測定器を使うのはちょっと...と思う方もいるものでしょう。

 

ですが現在、血糖値が気になる人にとって血糖値測定器はマストアイテムとも言える存在になりつつあります。

 

糖尿病患者の人がエイコン血糖値測定器を使わなければならないのは、そうする以外に血糖値を管理することが出来ないためです。

 

だからと言って、血糖値測定器が糖尿病患者専用のアイテムという訳ではありません。

 

血糖値測定器は血糖値を測定するためのもの。

 

そう単純に捉えてみれば、血糖値が気になる全ての方に使う権利があり、使っていて当然のアイテムが血糖値測定器ではないでしょうか。

 

現時点では血糖値が気になるだけで糖尿病ではないというのであれば、まだまだ回復の余地はあります。

 

回復の予知がある今だからこそ血糖値測定器を活用し、自分の血糖値を認識する生活を送ることで、血糖値コントロールを正常なものに導く努力をすることは、決して無駄ではありません。

 

一度糖尿病になってしまえば、その苦しみは一生続くことになります。

 

そうなる前に今出来ることを意識的に行い、あなたの今と未来の健康的な身体を維持するために力を注いでもらえたらと思います。