家庭用の血糖値測定器を購入


家庭用の血糖値測定器を購入する場合、何に注目して選べばいいのかわからないという方も多くいるでしょう。選ぶポイントがわからないと、本体の購入価格だけに注目すればいいと思う方もいます。しかし本体価格だけに注目するのではなく、様々な視点から比較して選ぶ必要があります。

 

例えば家庭用血糖値測定器を購入する場合、痛みに関するチェックも欠かせません。血糖値を測定するとき、穿刺針を使って指などから血を採取します。

 

針を刺すときの痛みがあると、健康のためでも管理が嫌になってしまうかもしれません。痛いのが嫌だという場合であれば、痛みを感じにくいタイプの商品を選ぶようにしましょう。

 

また痛みを感じにくい血糖値測定器を選びたい場合には、使っている方の評判を参考にするのも1つの手です。使っている方の多くが痛くないと感じているような商品であれば、自分も問題なく利用できる可能性が高くなります。

 

また痛くないという点を左右するポイントの1つが、どのくらいの血の量を採取するのかという点です。

 

摂取する血の量が多いと、痛みを感じやすいという特徴があげられます。測定に必要な血の量は使用する機器によって異なるので、そのような点を確認したうえで商品を選ぶことも必要です。

 

指先から血液を摂取する機器が多くなっていますが、この部位は神経が多く通っているため痛みを感じやすくなります。そのため指先以外から血液を摂取するタイプに注目するのも1つの手です。

 

実際に必要になる費用は、本体の購入費だけと考えている方もいるでしょう。ですが家庭用の血糖値測定器の場合、穿刺針と測定するためのセンターチップは使い捨てです。

 

使い捨てということは、本体は安く購入できたとしても実際に使っていると別の費用が必要になるということです。

 

そのため費用を考えて購入する場合には、本体の費用だけではなく使っている中でどのような費用が必要になるのかという点も含めて検討することを忘れないようにしましょう。

 

 

血糖値測定器とは血液中のグルコース量を測定する機器


血糖値測定器とは、血液中のグルコース量を測定する機器のことです。

 

血液中のグルコース量は糖尿病に関係しており、医療機関では必ず検査されることになるでしょうが、糖尿病で治療を受けているような人は医療機関だけではなく自宅でも測定したいと思っており、買い方などが気になっている人もいるかもしれません。

 

血液中の血糖値を測定するのですから、普通に物を考えれば血液の採取が必要となります。

 

そして、従来からある血糖値測定器では、当然ながら血液を採取してその中のグルコース量を測定するようになっていました。医療機関ではなく自宅で採血するのですから、ある程度簡便に、事故などが起こりにくいような機器とする必要があります。基本的には人差し指の腹に針を刺し、ごく僅かの血液を採取して測定にかける方式が採用されているようです。

 

ところが最近では、血液採取なしに血糖値を測定できる機器も登場してきています。ごくわずかとはいえ針を刺して採血するのは傷みを伴います。糖尿病の管理のためにはかなり頻繁に測定することにもなりますから、傷みはないに越したことはありません。

 

また、針で採血する以上、その部品はどうしても細菌などに汚染されやすくなり、メンテナンスという意味でも大変です。つまり、採血なしに血糖値が測定できればいろいろな意味で非常にありがたいわけです。その観点で開発されてきたのがこの機器です。

 

ですが、血液中の成分を分析するのに血液採取なしでどうして可能なのかと思うかもしれません。

 

これは、確かに血液中の血糖値を直接的に測定できる機器ではありません。様々なセンサーを備え、いろいろな数値を分析することで、間接的に血糖値を測定するものです。グルコースが体内で酸化するときの熱や、酸素の濃度などを測定することでこの目的を達成しています。

 

機器の買い方ですが、通信販売などで入手することが可能です。もちろん個人的に購入しても全く問題はありません。

 

 

血糖値測定器の買い方

 

血糖値測定器の買い方で最も簡単なのがインターネット通販です。ネットに接続できる環境と端末があれば好きな商品を選んでカートに入れるだけですので、店頭で選ぶよりも価格や種類を比較して選ぶことが出来ます。

 

血糖値測定器を購入するメリットは、病院に行かなくても簡単に自分で血糖値をはかることができる点にあります。

 

糖尿病や低血糖など自分の血糖値を把握することで健康管理をすることができる人は非常に多く、病院に行く手間も省けることから通販で人気があります。

 

微量の血液を採取してそこから血糖値をはかることができるタイプの機械が主流ですが、最近では血液を採取することなく測ることができる機会も出てきています。

 

現在通販可能な機械は血液を採取して測定するタイプのものですが、最近発売されたタイプの機械は腕などに部品を貼り付け測定器を近づけることで簡単に血糖値をはかることができるという事で今後はこうした血液を採取しなくても簡単に測ることができる製品が普及することが待ち望まれています。

 

現在のところ、測定器はインターネット通販や医療機関などで購入することが出来ますが、測定に必要な部品や一部の薬局でしか取り扱いがないため不便という声が多く見られます。

 

これは法律上インターネット上で販売することが許可されていないため別々に入手する必要がありものです。

 

そのため、本体だけ買って部品を購入することが出来ず測定できずに不便という声も多く見られますし、部品は消耗品で手軽につかるには少し高いという声もあります。

 

そのため、今後は消耗品を購入する必要のない測定器が出ることを多くの患者が期待しています。

 

現在購入できる血糖値測定器は、ネット通販が行なわれていますが本体のみですので購入する場合にはあらかじめ部品を取り扱っているショップを探しておいて在庫を確認してから購入するようにすることで本体を購入後測定することが出来ないといったトラブルを防ぐことが出来ます。