血糖値測定器のセンサー

 

血糖値を調べるときは、注射針を刺し血液を採取して測定するのが一般的でした。

 

しかし注射針を使う方法だと患者さんの体に対する負担があり、また自分一人で気軽に測ることもできません。

 

そのため血糖値は一般的に、病院やクリニックなどの医療機関を受診する必要がありました。

 

ですが最近では、新しい形の血糖値測定器が登場しています。

 

様々なセンサーを内蔵している機器に指を入れるだけで、血糖値を測定することが可能です。

 

指を入れるだけなら痛みはないので、患者さんの負担は軽減されるでしょう。

 

また自分一人で計測することができるので、病院や医療機関に行く必要もありません。

 

センサーは小型で軽量化されているので、誰でもどこでも測定することができます。

 

こうした最新の医療機器は、糖尿病など血糖値をコントロールする患者さんにとっては魅力的です。

 

これまでより負担なく簡単に調べられるので、健康の維持に役立てることができるでしょう。

 

メタボリックシンドロームが気になる中高年の男性も、定期的にチェックし健康管理をしておけば、病気の予防につなげることもできます。

 

また健康管理だけではなく、血糖値はダイエットを行うときにも重要です。

 

ダイエット中の女性もセンサーを使って定期的に調べてコントロールすれば、効果的なダイエットを粉える可能性は高まります。

 

もちろん最新の血糖値測定器だけではなく、従来からある機器を使うのも大切なポイントです。

 

従来型の血糖値測定器は、医療関係のセンサーを販売するネット通販などで購入することもできます。

 

自分に適したセンサーなどの医療機器を活用しながら、血糖値の上昇を抑え病気予防・健康維持に役立てましょう。

 

ただしセンサーは適切に使用しなければ、健康の維持に役立てることはできません。

 

購入したセンサーを使用するときには、取扱説明書を熟読して使い方を理解したり、医療関係者に使い方を質問して適切に使えるように努力しましょう。

 

 

血糖値測定器のセンサー測定の方法

 

糖尿病を患っている人の中には、患者本人が日々の血糖の値を自分で測定するということが必要になることも少なくはありません。

 

従来の血糖値測定器は、専用の針を指先などに刺し、少量の血を出すことで測定するというものでした。これは一般的なものでしたが、測る時の痛みを辛く感じる人も少なくはありませんでした。

 

そこで、近年注目されている血糖値測定器のタイプが痛みを感じること無く血糖の値を測るすることが出来るというものです。

 

これは、2014年にヨーロッパで発売されたものですが、日本では2017月9月から保険適用となっているようです。

 

測定の方法は、500円玉程度の大きさのセンサーを二の腕に貼り付けるというものです。

 

血糖の値が知りたいという時には、本体を二の腕に取り付けているセンサーに近づけるだけで測定することが出来ます。服の上からでも測ることが出来ますので、他の人の目を気にすること無く測ることが出来るというメリットがあります。

 

また、貼り付けたセンサーは入浴や運動を行っても支障が出るという事はありませんが、汗を大量にかいた場合は剥がれてしまう可能性があるため、長時間の入浴やサウナ、大量の汗をかくようなスポーツは避けたほうが良いでしょう。

 

皮膚に貼り付けるセンサーについては、使い捨てとなり、継続して使用するためには新たに購入する必要があります。

 

これまでの採血をして血糖の値を測定するタイプの場合、その時の血糖値しか分かりませんでしたが、センサーを用いた測定器であれば、24時間・最長で2週間分の血糖の値を測り続ける事が出来ます。

 

この測定器の仕組みとしては、センサーには、微小の針が取り付けられており、その針が皮下組織間質液の糖を測り、そのデータから血糖値を導くというものです。

 

これまでよりも簡単に血糖値を測定することが出来るメリットとして、血糖の値の変動を可視化し、生活習慣や食生活の改善につなげることが出来るということが挙げられます。