血糖値の計測器は自宅で可能

 

糖尿病患者や糖尿病予備軍、それに塩分の摂り過ぎや脂っこい食事などを続けている方にとって気になるのが血糖値です。

 

これらはクリニックに行って計測する事ができますが、自宅でも簡単に測る事が可能です。

 

クリニックで検査してもらうと正確な数値結果の算出や医師の問診やカウンセリングなどのメリットもありますが、単に血糖値や状態だけ知りたいというニーズを持っていた場合は断然、自宅用の計測器を使ったほうが利便性が高いです。

 

血糖値の計測器は自宅で自分ひとりで操作し、計測することができます。

 

その場ですぐに結果が分かりますので血糖値が高い方は是非もっておきたいツールです。

 

その中でおすすめの機種をいくつかご紹介します。まず血糖値計測器は多少機種や計測場所によって痛みが出るものもあります。

 

頻繁に測ろうと思った場合はなるべく痛みが少ないものをおすすめします。痛くて止めてしまっては意味がありませんので重要なポイントです。

 

アキュチェックアビバは針を刺すときの痛みを最小限にするために針の先っぽの形状を3面カットと言われる痛みを軽減する形状にする事で傷口を最小限に抑える工夫をしています。

 

それともう一つ針を刺すスピードアップする事で、肌に針がささる時間を短くして痛みを和らげます。そのため痛みが少ないものがいいと考えている場合はおすすめの機種です。

 

とにかく操作が簡単なものがいいという肩にはワンタッチウルトラビューは操作が簡単で楽チンです。

 

しかも結果が見やすくてわかりやすいのが特徴です。販売されているものの中ではカラーの液晶画面が採用されていて文字も大きくてみやすいと評判です。

 

日本語で表示してくれるため類似機種と比較しても操作性や見易さという観点では頭ひとつ抜けている存在です。

 

機械操作が苦手な人でも途中で諦めずに結果まで辿り着きやすいものと言えます。

 

その他、採血量が少ないものという観点ではフリースタイルフリーダム、あるいはフリースタイルフラッシュがこれらの機種の中では最も少ない採血量での測定が可能で評判です。

血糖値測定器はおすすめ

 

自分は健康だと思っているような人でも、食生活の乱れや運動不足、また年齢によるもので体質が変わり、いつの間にか血糖値が高くなっているようなこともあるものです。

 

ですが体にはっきりとした何らかの異常がないと病院に行かない人も多いですし、病院に行かないことでどんどん症状が悪化して何か別の病気と合併症を引き起こしてしまうようなこともあるものです。

 

ですから手遅れの状態にならないようにするためにも家庭用の血糖値測定器を利用すると良いでしょう。

 

外出することが多いような人であれば持ち歩き便利なペンタイプの血糖値測定器がおすすめですし、ペンのようなタイプであれば筆記用具を持ち歩く感覚で使うこともできるので良いでしょう。

 

ですが自宅にいることが多いような人であればこうしたあまりにも小さいサイズのものは紛失させてしまう可能性も高いので、ある程度目立つ大きさのものが良いです。

 

本棚やインテリアの壁などにのせることができ、常に目に入るような状態にしておけば毎日測り忘れるようなこともないでしょうし便利です。

 

また、見た目的に血糖値測定器だと分からないようなお洒落な色、デザインのものを選べばインテリアの邪魔にもならないものです。

 

また、血糖値の心配というと高齢の人だけが悩むもののようにも感じますが、そうではなく比較的若い人でも生活習慣の乱れが原因で悩まされていることがあるものです。

 

健康診断の時にしか自分の身体をいたわるようなことができないほ忙しい人であれば血糖値測定器を使って健康維持をしていけばよいです。

 

血糖値測定器は値段も高額ではないですし、ネット通販でも手軽に購入することができるのでおすすめです。いろいろなメーカーから販売されているので、いくつかの商品を比較したうえで購入していくと良いでしょう。

 

自分にとって使いやすいものを選ぶことで継続して使い続けていくことができると思われます。機能によって値段にも差があるので、機能にも注目してみると良いです。

 

新しい血糖値測定器


糖尿病患者は、血糖値を測定するために採血することが必要でした。

 

採血するために専用の針を指先に刺さなければならず、自分で測定できるメリットはありますが痛みなどを感じることが少なくありません。

 

医療機関に行く時間が取れない人などにおすすめですが、人前では採血しにくいなどのデメリットもあります。

 

痛みや人前では使いにくいと感じていた人におすすめなのが、2017年から国内でも採血で使用することが認められた血糖値測定器です。

 

新しい血糖値測定器は、採血をする必要がないというメリットがあります。従来の血糖値測定器では、指先に針を刺すため痛みを感じてしまうデメリットがありました。

 

しかし、採血が必要ないため痛みを感じることがありません。利用したい時は、硬貨程度の大きさのセンサーを腕に貼り付けるだけなのでとても簡単です。

 

従来までではできなかった連続しての使用も、一度貼り付けてしまうと可能になるのも大きなメリットの一つです。血糖値は時間ごとに変化していくので、2週間分の測定を24時間続けることができるようになりました。

 

血糖値の数値を知りたい時は、腕などに貼り付けたセンサーに本体を近づけるだけで調べることが可能です。

 

測定器の本体とセンサーは接触する必要がないので、着衣したままの状態でも調べることができるメリットもあります。

 

指先に針を刺す必要がないので、日常生活にも支障がないこともメリットの一つです。従来までの方法では、限られた情報しか得ることができませんでした。

 

食事や運動後などに測定したいと考えていても、採血し分析する必要があったため手軽に調べることは不可能です。

 

新しい血糖値測定器は、腕にセンサーを貼り付けるだけなので痛みや違和感などを感じにくいのもメリットになります。

 

2週間連続して血糖値を測定することができるため、グラフ化することで正確に分析することが可能です。新しいタイプの機器は、採血時の痛みなどに苦痛を感じていた人におすすめできます。