血糖値測定器のメリット


血糖測定器を使うメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか?血糖値を常に把握し、コントロールするためには血糖値測定器のメリットというのは非常に大きいものです。

 

インスリン治療を行っている方はもちろん、食事療法を行っている方にとっても、血糖値をある程度把握して、コントロールするというのは必須です。糖尿病に対して何らかの治療法を行っている場合には、その治療の効果を知るうえでも血糖値測定器というのは非常に有効なものですよ。

 

毎日継続して自分の血糖値を把握することによって、症状が悪化したり、生活習慣の改善による効果を知ることもできますよ。血糖値測定器の測定結果を元に食事内容をしっかりと改善することができます。
さらに食事量を調節するというのも、血糖値測定器の測定結果を元に行うことができますよ。

 

血糖値測定器によって適切な血糖値のコントロールを行っている状態であればインスリンによる薬量を調節することも容易になります。

 

糖尿病においてもっとも恐ろしいことは、低血糖になることです。そのため、毎日血糖値測定器を使用して血糖値を把握することは、低血糖を防ぐうえでも効果的なものなんですよ。血糖値測定器を使用して、より効率よく糖尿病と付き合っていくというのもおすすめですよ。

 

血糖値測定器を選ぶコツ


血糖値測定器を選ぶ時にはいくつかポイントがあります。まず測定に必要な血液の量、採血部位、使いやすさというのは特に重要なポイントになります。

 

血糖値を測定する際、通常は指先から採血するのが一般的です。しかし、血液の量が多い場合には、傷口も大きくしなければならなくなります。

 

そのため、指先では痛みも強くなりますし、傷も多く増えてしまうことになります。痛みの少ない場所から小さな傷で測定することができるものの方が良いでしょう。

 

血糖値測定自体が精神的にも肉体的にも負担が大きくなってしまうのであれば、継続するのが困難になってしまいます。このようなポイントというのは継続して使い続けるには非常に重要になってきます。

 

また、小さな傷口を圧迫した場合などには血液だけでなく体液なども混ざってしまいます。それでは正しい血糖値を測定することができなくなりますので、注意しておくようにしましょうね。

 

このように血糖値測定器というのは普段の生活の中で簡単に血糖値を測定することができる、というのが最大の魅力です。そのため、この血糖値測定器を使用するのであれば、使いやすくストレスがかからないものを選択するようにしなければなりませんよ。

 

 

血糖値測定器の痛さ

 

血糖値測定器って、糖尿病の人はよく使用しているけど、血糖値測定器によってかなり痛みが違うようですね。

 

本体価格が安くても、やはり痛みを強く感じてしまう血糖値測定器では、使用し続けるのが苦痛になるので、痛くない物を選ぶのが一番だと聞きます。

 

中には消耗品の費用を優先したほうが良いという意見もあるようですね。

 

ただ、痛みに弱い人の場合は、長期で使用できることが大事なので、痛みがない機械を選ぶ方が良い場合もあります。
痛くない機械というのは、やはり針が太過ぎないことですね。

 

針が太いとやはり痛みがそれだけ大きいケースが多いので、細めの針を使用している所を探した方がおススメです。
更に採血が小量でも検査が出来ることが大事!

 

血液量が多く必要になる場合は、やはりそれだけ採血がきつく、何回も検査をするのが嫌になってしまいます。
自分で何度も採決をするのなら、やはり痛みが少ない方が長続きします。

 

普段からあまり血を見るのが嫌な人や、注射などの傷みが苦手な人は、出来るだけ口コミで痛くないとされている機種を選んだ方が間違いないと思います。

 

お金と痛みの両方の面から機種を選ばないと後で後悔すると思います。
採血って多いと嫌ですからね。

 

最近の血糖値測定器は指以外でも採血できる

 

親戚のおじさんが糖尿病で、よく血糖値測定器を使用しています。
でも、血糖値測定器を使って採血している姿を見ていると、痛そうで見ていられません。

 

おじさんはもう慣れてしまったそうですが、結構太い針で量も必要なので、採血が大変そうだなと思いました。

 

自分だったら、あんな太い針で、量も多い機種は絶対に使いたくないと思いました。
ただ、おじさんも今度購入するチャンスがあった時には、もうちょっと針の細いものを選びたいと言っていました。

 

昔は指から採血するのが当たり前でしたが、最近のモデルは、指以外でも採血が出来るようになっているタイプが増えているんですってね。

 

指をケガしていると、デスクワークでPCをしている人なんかは、仕事に影響が出てくるので嫌がる人が多いそうですし。

 

確かに指が傷ついている状況で、キーボードを押すと、タイピングのスピードが落ちてしまいそうだなって思いました。
そういう意味では、指先以外で採血できる機種は人気があるっていうのはわかりますね。

 

ただ、指先が採血をするのに一番楽そうな部分ではありますけどね。
ふとももとかふくらはぎでもOKみたいですが、そっちの方がもっと痛そうだなって思いました。