血糖値測定器は消耗品がネック!


「血糖値測定器の消耗品が高い!」口コミを見ていると、大体ランニングコストの高さを嘆く人が多いんですね。
確かに消耗品が高いと、ケチって使いたくなってしまいますよね。

 

血糖値測定器の本体は安くなってきたと思いますが、それでも消耗品が使えば使うほど高くついてしまうのは心配です。
でも、糖尿病を患っている人にすれば、血糖値測定器は必須品ですよね。

 

自分でチェック出来た方が、体調管理をしやすいと思いますので、やはり必要だと思います。
でも、ランニングコストって、やっぱり使用している限り、大きな問題になってきますよね。

 

糖尿病は、完治しない不治の病とも言われていますので、長期で使用するのが目に見えていますから。
やはり安いランニングコストで済むのが一番良いと思います。

 

検査紙が高いと、使い続けるのが辛くなってしまうと思います。
ただでさえ、医療費もかかりますから、やはりランニングコストは抑えたいですよね。

 

ネットを見ていると、色々な機械の比較サイトがあるので、購入前に、消耗品の部分を比べてみるといいかもしれませんね。

 

本体が安いからといって食いついても、後になってそれほどお得ではないと知る方がショックだと思います。

 

 

血糖値測定器の消耗品が高くて困る


プリンターってインク代がすごく高いですよね。

 

本体価格よりも、維持費の方が割高に感じるので、プリンターを購入する時には、インク代が安いことを考えて購入する人が多いですよね。

 

血糖値測定器も、実は全く同じで、本体価格は大したことがないんですが、検査紙や針という消耗品が意外に馬鹿にならないのです。

 

特に検査紙は量が必要になるとかなりの額になってくるため、長期で使用していると、あっという間に本体価格を超えてしまいます。

 

消耗品をいかに安く抑えるかというのが、血糖値測定器の購入ではポイントになってきます。
今は血糖値測定器をネットで簡単に購入できるようになったのは良かったですね。

 

消耗品もネットで購入するので便利です。
糖尿病は完治が難しい病気なので、一生つきあっていけるような機種を探すのが大事だと思います。

 

糖尿病は放っておくと、失明してしまうこともありますので、本当に怖いですね。

 

私の両親が最近太り気味になっていて、糖尿病をすごく心配しています。
でも、血糖の検査のためだけに病院に行くのもなんだか面倒だと言っているので、自宅で購入したいと言っていました。

 

それほど本体の価格が高くないし、一個あれば家族で使えるので役に立つかもしれません。

 

血糖値測定器を使って自己判断するポイント

 

血糖値測定器で血糖値を毎日測定している人はどんなことに注意して測っていますか?自宅で血糖値測る時に大切なのが自己判断のポイントです。

 

ほとんどの人は毎日測っていると思いますが自己判断するためには毎日の記録をノートにとって記しておくことをオススメします。

 

記録を毎日つけていると小さな変化にも気づきやすく、病院の医師に記録を見てもらうこともできるため異状を見つけやすいです。記録と一緒にその日のことを書いておくのもいいでしょう。

 

血糖値測定器はいつ使用しても大丈夫ですが、できるだけ食事の後に測るようにしましょう。これには理由があり、食事の内容や運動時間によって血糖値は変化します。

 

糖尿病の治療のために血糖値測定器を使っている人は数値の変動を見て食事内容を改善したり運動時間を増減させることで治療に役立てることができます。

 

注意として毎日測定していると小さな変化でも気になってしまいストレスを感じるようになることがあります。治療や病気の改善のために使っているのにストレスになってしまうと無意味になってしまいます。

 

測定結果は自己判断するためのものではなく、最終的には医師が治療についての診断をすることを覚えておきましょう。

 

また、数値が安定しているから大丈夫と勝手に判断せず病院への定期検診は必ず受けるようにしましょう。