糖質制限が続かない理由と続けるための工夫とは?


自ら糖質制限をする理由と言えば、ダイエットや集中力維持のためといった場合が殆どでしょう。

 

ただ中には、血糖値が高いといった理由から、半ば強制的に糖質制限をしなくてはならない状態に陥る人達もいます。

 

自分のスタイルを気にして...といった理由よりも、血糖値の高さを気にして糖質制限を行わなければならないことの方が、ある意味ずっと苦しいことかもしれません。

 

私達にとって糖分は大切なエネルギー源ですが、身体に毒となる一面も抱えています。

 

血液内にあふれるブドウ糖は私達の血管を傷つけ、あらゆる病気を引き起こします。

 

糖尿病にならないためにも、血糖値が高いと注意を受けている段階においてやるべきことがある、そのひとつが糖質制限です。

 

ですが実際、糖質制限を行うということは全くもって容易なことではありません。

 

自分の健康状態を気にかけ、いざ今日からでも糖質制限を行おう!と意気込んだとしても、実践として続けていくことは大変に難しいものでしょう。

 

ここサイトでは、糖質制限を続けることが難しい理由や糖質制限を継続させるコツなどについて、ご紹介していきたいと思います。

 

 

糖尿病予防のための糖質制限


特に若い世代の方の場合、糖質制限=ダイエット目的といったケースが殆どかもしれません。

 

比較的健康のためというよりも、自分のスタイルであったり集中力保持のために取り入れる習慣であったりするものでしょう。

 

ダイエットなども当然必要に迫られて行う訳ですが、例えば血糖値が高い、糖尿病予防といった目的のように、命に対する危機感を感じて行うようなことはないだろうと思います。

 

チャレンジしてみたけれど駄目だった、だからまたの機会にでも頑張ってみよう!...と悠長なことは言っていられないのが、糖尿病予防のための糖質制限です。

 

実践してみたことがある方であればよくご承知のことでしょうが、糖質制限というものは大変難しいものです。

 

だからこそ血糖値を下げる目的で使われるアイテムを知り、それらをうまく活用しながら糖質制限を行っていくことを考えていきましょう。

 

糖質制限が続けるのが難しい理由


糖質制限を続けることが難しい理由は、人それぞれにあるものかもしれません。

 

例えば、糖分には依存性があるからとか、自炊するのは手間がかかるからとか、そもそも自分だけが我慢しなくてはいけないのが辛いとか、精神的にも肉体的にも厄介さを感じるものでしょう。

 

一般的に一番大きな理由として考えられるのが、糖分には依存性があるという点です。

 

日常的に当たり前に摂取し過ぎていて気付きにくいことかもしれませんが、アルコール同様甘い物には高い中毒性があります。

 

摂取することでドーパミンやセロトニンといった快感を伝えるホルモンが分ピルされるため、それなしではいられないといった禁断症状が表れるようになるのです。

 

だからこそ、糖というものから完全に離れる生活を送ることは、大変に難しいものがあります。

 

糖はアルコールや麻薬を摂取した時のように、外見上に何かしらの変化が表れるようなこともありません。

 

このため周囲の人も自分自身も気付きにくいのが厄介な点で、糖による禁断症状に悩まされている人は世間にも思いの外存在すると考えられます。

 

砂糖が毒だと断言する学者も存在しますが、その理由にはこうした糖の中毒性が隠されているのです。

 

また糖質制限をする上では、甘いお菓子だけでなく、お米や麺類といった炭水化物も控えることが重要です。

 

言わば主食ともなる製品を控える必要が出てきますので、そのことを考慮した食事の用意というものは大変に面倒なものでしょう。

 

主食が減るとなれば、おかずを増やすといった考えにも移りやすいのですが、おかずが増えるとなれば、その分だけお米などの主食を求めるようにもなりがちです。

 

おかずの味付けについても砂糖や炭水化物を多く含んだ調味料は使えませんから、味もたんぱくになる分、様々な工夫が必要となり、更に自炊に対する面倒臭さを感じる方も多いものでしょう。

 

加えて、自分だけが糖分を我慢しなくてはならないといった状況が大きなストレスになり、糖質制限の邪魔をすることもあります。

 

無理な糖質制限をすればする程、精神は不安定な状態へと導かれるかもしれません。

 

たとえ糖質制限中であっても、糖分は全くとってはいけないという訳ではありませんし、人体にとって必要なエネルギーともなるものですのでいきなり全てを断ち切ってしまうこと自体、身体にも良いことではないでしょう。

 

だからこそ糖質制限を行うとなると、その調整が大変に難しく、そのこと自体が継続の妨げとなっていくのです。

 

糖質制限を成功させるための工夫


前述した通り、糖質制限を行うことは大変に難しいことです。

 

ですが、糖質制限を成功させなければ血糖値を下げることは難しく、糖尿病になる恐れも高まります。

 

中毒性のある糖への欲求に勝つためには、強い精神力も必要になるでしょう。

 

ただ一度その欲求を乗り越えてしまえば、日常生活にそこまで糖の必要性がなかったということにも気付くことができるはずです。

 

ここからは、糖質制限を成功させるためのコツのようなものについて記していきたいと思います。

 

1,糖質の害を知る

糖質が如何に自分にとって害な存在であるかを調べ、認識することによって、糖分への欲求を抑えることができます。

 

その度合は人それぞれかもしれませんが、まずは知識を得ることが重要です。

 

糖について簡単な説明をしますと、糖質は血管を傷付け、脂肪として蓄えられます。

 

傷付けられた血管を修復しようとコレステロール値が高くなり、血管内が細くなり過ぎると血圧も上昇、その結果どのようなことが起きるかはご承知の通りです。

 

糖質は血糖値の乱上下を起こさせますから、急激な血糖値の低下により抗えない眠気に襲われたり、集中力を低下させたりします。

 

食後眠くなるからと実際に寝てしまうと、カロリーの消費量が落ちてしまうため、結果的に肥満体なるなどの悪循環を生み出します。

 

肥満はインスリン感受性を鈍くさせますので、糖尿病を引き起こす直接的な原因にもなり得ます。

 

たったこれだけのことを知るだけでも、糖が如何に恐ろしさを秘めているか理解してもらえるのではないでしょうか。

 

2,サポートアイテムを活用する

多くの糖分に囲まれた中で生きているといっても過言ではない、私達の食生活。

 

たとえ糖を全く摂らない!と心に決め、それを実行しようとしたとしても、思いがけないところでその存在が顔を出すことがあります。

 

ですが、糖の摂取はその思いがけず顔を出した程度の量で十分なのです。

 

現代は、お米や麺類など糖質が主なものを摂取しなくても、十分に栄養が摂れる時代となっています。

 

自らの工夫次第で、幾らでも糖質制限が可能な環境は整えられている言えるのです。

 

でもそれだけ豊かな時代だからこそ、糖質制限が難しいということもあるでしょう。

 

例えば、どれだけ自分が制限をしていても、付き合いの場で飲食せずにはいられない、自分の希望ばかり相手に押し付ける訳にはいかないといったことも、きっとあると思います。

 

そうした、言わば緊急時代の時のために使えるアイテムがあること知っておくことも大切なポイントです。

 

例えば、血糖値を下げるコントロールティーや糖の吸収を緩やかにするサプリメントなど、ここぞ!という時に頼れるアイテムを上手に活用できる準備を整えておくと安心でしょう。

 

当然ですが、これらのアイテムだけに頼り切る生活を送るのではなく、使用の頻度などそのバランスには注意するようにしましょう。

 

3,非常食を身近に準備する

糖質制限を行えば、自然に食べる量が減っていきます。

 

また、血糖値を気にする人で意思の強い方であれば、食事はゆっくりとよく噛んで食べるといったことや、食後には軽く散歩をするといった習慣も身に付き、驚くほどの健康体を手に入れられる方もいることでしょう。

 

言う分には簡単なように思えますが、実際に行動に移し習慣化させるには、それなりの意思と努力が必要になります。

 

仮にそのような習慣を手に入れようと思うのであれば、事前に考えておかなくてはならないのが、空腹の時間が訪れた時の対処です。

 

余程意思の強い方でもない限りは食欲に負け、今日くらいはいいだろうといつの間にかあれもこれもと口にしてしまうことは珍しくないものです。

 

一方空腹を我慢することも、継続を阻む要因になり得ます。

 

そうした時のために、例えばクルミやナッツ、一口チーズなど、糖質が少ない上に少量でもしっかりと栄養が採れる食べ物を身近に置いておくことをお勧めします。

 

口さみしく集中力が切れそうな時にはこれらを口にすることで、糖質に手が伸びそうになる自分を押さえていきます。

 

勿論、これらは我慢が出来なくなった時のための言わば非常食であり、いつでも食べたくなったら食べていいといったものではありませんの注意しましょう。

 

糖質制限にも余裕が必要

糖尿病を予防する、血糖値の上昇を防ぐという目的で糖質制限をする場合、あまりストイックになるのも如何なものかと思います。

 

お米は食べない!甘いものは口にしない!と自分を追い込んでしまうことよりも、理想的な食事を摂るにはどうすればいいか、糖を制限しても美味しいものは作れないかといったことに思考を移す方が有効的だろうと思います。

 

また、〇〇しなければ!といったストレスが、結果的に血糖値を上昇させる要因になることもあると言います。

 

だからこそ大切なのは、日々を充実させるために過度な糖質の摂取は避けていこう、もっと自分の身体を大切にしてあげよう...という風に、前向きに余裕をもって糖質制限を行うことではないかと思います。

 

糖質制限をする内に糖分に対する中毒性をなくすことが出来れば、自然と健康的な毎日を送れるようになれるはずです。

 

コントロールティーやサプリメントなどのアイテムなどの力も借りながら、糖質制限が苦にならない生活習慣を手にしてみては如何でしょうか。